「ほっ」と。キャンペーン

仙台・白石⑩ 神明社

小関家を拝観した後は白石城に向かって歩き、まずはお城に隣接する神明社でお参りしました

元は白石城の二の丸があった場所だそうです

石段の途中にある一の鳥居
c0361661_19401098.jpg
元白石城の厩口門があった場所でもあり、現在は移築されているそうです


神明社は坂上田村麻呂の創建とされ、藤原秀衡・蒲生氏郷・長尾景勝の崇敬厚かったと言われ

伊達政宗が白石城を片倉小十郎に与えてから、この地に移ってきたそうです

御祭神は天照大御神を主祭神として外十八柱で、伊達政宗と片倉小十郎景綱も合祀されているとのこと

石段の上にある二の鳥居

c0361661_19490742.jpg

参道
c0361661_22552603.jpg

神門
c0361661_19522459.jpg
神門は伊勢神宮の第六十回式年遷宮の、内玉垣の一部を下賜されて建設されたそうです


拝殿
c0361661_22342013.jpg


大國王命神社
c0361661_22364083.jpg

天満宮
c0361661_22351342.jpg

境内社
c0361661_22503100.jpg

御朱印
c0361661_22445731.jpg
白石城址とあります

城内ではありますが、とても静かな雰囲気の神社でした




[PR]
# by aki-bluesky | 2017-02-18 21:00 | 神社・仏閣 | Comments(0)

仙台・白石⑨ うーめん番所 武家屋敷

キツネ村から白石駅に到着した後は、ランチに温麺を食べに行くことにしました

白石駅付近

c0361661_19003673.jpg

温麺は「うーめん」と読み、素麺のような麺で、白石の特産品だそうです

うーめん番所という、駅から15~20分位歩いた所にあるお店です

店内の様子
c0361661_21413138.jpg
奥の方のポスターは、JR東日本の吉永小百合さんの白石編のものです

吉永さんがこのお店の個室で温麺を食べる「大人になったらしたいこと」白石うーめん編」のポスターは、この反対側の場所に貼ってありました


二人とも同じもので、山菜うーめんに、うーめんいなり、柿ゼリーにしました
c0361661_19012220.jpg
うーめんいなりは、いなりの中身がうーめんです

深大寺で蕎麦いなりを食べたことはありますが、うーめんも結構合うと思います

付け合わせは昆布、たくあん、おかかでした

寒い中歩いてきたので、温かい温麺の優しい味が美味しかったです

柿ゼリーは一個100円とお得で、さっぱりとしています

店内にはうーめんの販売コーナーもありました


ランチ後は、ここからすぐの場所にある武家屋敷に行きました

c0361661_19050904.jpg

堀が曲がる角に建っていて、往時の面影が残っています
c0361661_19021577.jpg

白石城北、三の丸外堀の沢端川沿いの、後小路という場所にある、旧小関家です

小関家は、片倉家の家臣団だったそうです
c0361661_19244227.jpg


築260年余りの建物が、解体修理して展示されているとのこと

外観
c0361661_19114910.jpg

庭を裏へと周っていきます
c0361661_19125912.jpg

庭から見た様子
c0361661_19150790.jpg

室内にも上がれるようになっていました

c0361661_19161433.jpg
庭の様子


c0361661_19270397.jpg


庭から川に降りるための石段があり、当時の生活が偲ばれます

c0361661_19055205.jpg

川の水は、かなり澄んでいるように見えました
c0361661_19390119.jpg

拝観料は200円で、道路を挟んで向かいに受付があります

こちらも昔は城の一角だったのでしょうが、今では周囲はすっかり住宅街になっています

ここから白石城へと向かいました



[PR]
# by aki-bluesky | 2017-02-17 21:00 | 旅行 福島 | Comments(0)

仙台⑧ 蔵王キツネ村(2)

キツネ村の続きです
c0361661_15060901.jpg

寝ているキツネたち
c0361661_15094736.jpg

周っているうちに、怖い気持ちもなくなり、写真を撮るのも少し慣れてきました
c0361661_15270023.jpg
キツネの放し飼いスペースの小高い場所には、稲荷社のような場所がありました

c0361661_22342184.jpg
キツネのおかげで成り立っている施設なので、しっかりお祀りしているのかもしれません


キツネ村には、他の動物もたくさんいました

ヤギ
c0361661_15155375.jpg
人に慣れていて、可愛かったです
c0361661_15151213.jpg
ウサギ
c0361661_15123318.jpg

寒いせいか、ウサギも団子になっていました

c0361661_15125203.jpg

ポニー
c0361661_15135976.jpg

小動物に比べて大きく、動きもゆっくりなので、撮りやすかったです
c0361661_15143319.jpg


最後にもう一度、キツネの放し飼いスペースに入って、一回りしていきました
c0361661_22325000.jpg
私達がいた間、ずっと観光客がたくさん来ていました
c0361661_15090030.jpg

思っていたよりも、ここのキツネたちは可愛らしかったです

動物学的にはわかりませんが、何となく犬と猫の中間位の印象でした
c0361661_15063419.jpg

帰りは白石駅までタクシーを利用しましたが、受付の方の配慮で相乗りすることができました

ちょうど女性二人組が同じ場所まで向かうところで、行きの運賃の半額程度ですんだので、とても助かりました


[PR]
# by aki-bluesky | 2017-02-11 22:30 | 旅行 福島 | Comments(0)

仙台⑦ 蔵王キツネ村(1)


蔵王刈田嶺神社でお参りした後、観光案内所からタクシーを呼んでもらい、蔵王キツネ村へ向かいました

交通手段があまりなく、バスは火曜と金曜のみだそうで、車以外だとタクシーしかないようでした

結構山奥のほうまで走って、到着しました

キツネが放し飼いになっている場所は、日本でも唯一のようで、最近は海外の観光客にも人気だそうです
c0361661_14093359.jpg
むやみにキツネに近づかない、守らないで怪我をしたお客さんもいるなど

入口で係員の方から、かなり厳しくレクチャーを受けてから入ります

ここのキツネは、エキノコックスなどにかからないよう、かなり衛生面でも気を付けて管理していて

野生のキツネはいなくて、生まれながらに飼われているキツネだけだそうです


入ってすぐの場所には、慣れているのだと思いますが、繋がれているキツネがいました

こちらは係員の立会いの下、触れ合ったりできるみたいです
c0361661_22282985.jpg


キツネ舎のような、扉で仕切られたスペースに入ると、キツネが放し飼いになっていました
c0361661_22230197.jpg
丘のような結構広い所で、そこかしこにキツネが丸まっています

今まで見たことないような、不思議な光景です

人が歩く場所も、普通にキツネがウロウロしています
c0361661_22234499.jpg
注意されて入ったので、最初は恐る恐る写真など撮っていましたが

こちらから何もしなければ、キツネはとてもおとなしく、人に向かってきたりしませんでした
c0361661_22295341.jpg

餌やり場の台があり、キツネたちが群がっていました
c0361661_22212412.jpg
このスペースからは、お客さんが1袋100円で餌をあげられるので、購入してやってみることにしました

c0361661_22272229.jpg
餌を待つキツネたち
c0361661_15042800.jpg
見上げている様子が、とても可愛いです
c0361661_15132649.jpg
全部で6種類のキツネがいるそうですが、茶色っぽい色のキツネが多かったです
c0361661_22265384.jpg

茶色いキツネの中でも、何種類か違いがあるようですが、あまり区別はつきませんでした

c0361661_22274711.jpg
後ろの方でなかなか餌がもらえなさそうな、小さめのキツネに向かって、遠くになげようかとも思うのですが

やはり前の方で待つキツネの方が、身体も大きく熱心に待っているので、何となくそっちにあげてしまいがちでした

c0361661_15045419.jpg

たまに微妙な場所に投げてしまったりすると、取り合いで喧嘩になってしまったり
c0361661_22311611.jpg


白っぽい色のキツネもいました
c0361661_15052914.jpg


すごいアピール力です
c0361661_15055077.jpg
この健気な表情を見ると、つい餌を投げてしまうのです




[PR]
# by aki-bluesky | 2017-02-10 23:00 | 旅行 福島 | Comments(0)

仙台⑥ 蔵王刈田嶺神社(里宮)

青根温泉の不忘閣を後にし、旅館の車で遠刈田温泉の観光案内所まで送ってもらいました

すぐ近くで見かけた、刈田嶺神社でお参りしました

刈田岳山頂にある神社を奥宮といい、この遠刈田温泉の神社は里宮なのだそうです

鳥居
c0361661_19452992.jpg
遠刈田公園の遊歩道側の鳥居
c0361661_19493766.jpg

神社参道の鳥居
c0361661_19491299.jpg

鐘楼
c0361661_13591915.jpg


拝殿と狛犬
c0361661_21082699.jpg

拝殿はとても凝った装飾で、色がついていない木目の風合いが素敵でした
c0361661_21102904.jpg

拝殿前には狛犬とカエルが、一対ずつありました
c0361661_21223821.jpg
参道のもう少し手前の方に、ちょっと違う狛犬がもう一対あり、全部で三対だったと思います


御朱印
c0361661_13330369.jpg
御朱印も立派なもので、ものすごい達筆で書いていただけました

昨年12月の訪問なので、申年と書かれています

春待月という書き方も、今まで他の寺社では見たことがなく、とても珍しいです

後からネットなどで調べると、冬季は山頂の神社が閉鎖されるので

山頂の御朱印を里宮で押印して頂けるそうなので、これは奥宮の御朱印のようです

よく見ると印の真ん中辺りに、山頂奥宮と書かれているようです

ちなみに夏季に奥宮に参拝して頂く御朱印には「山頂奥之宮参拝之印」という、小さな印が別に押されるそうです


神社の由緒など書かれた略記も頂きました
c0361661_13330436.jpg

御朱印を待つ間、社務所で見た御朱印帳が素敵だったので、思わず購入してしまいました
c0361661_13330444.jpg
刈田嶺と雪景色、雪の結晶のデザイン

名所の通称「御釜」といわれる「五色沼」も描かれています

こちらは神社オリジナルの御朱印帳みたいです

社務所は無人だったので、どうしようか迷いましたが、ちょうど近所の方が玄関に尋ねて来られたので、その後に伺ってみると、神主さんが社務所にいらして書いていただけました

ふと見かけて立ち寄った神社ですが、思いがけず御朱印や御朱印帳も頂けて、良い記念になりました

[PR]
# by aki-bluesky | 2017-02-09 21:00 | 旅行 福島 | Comments(0)